So-net無料ブログ作成

メイキング4・肌の色塗り [メイキング]

メイキング第4回、今回は肌の色塗りです。

では続きからどうぞ~。
画像が多くて重いので、ご覧の際はご注意下さい。
1)ブラシの設定

ここからSAIでの作業に入ります。
SAIを起動して、「黒タイツバトン.psd」を開きます。

塗り始める前に、ブラシの設定を行います。
水彩筆の設定
私は今回の塗り方ではいつも「水彩筆」を上図のような設定にして使っています。
基本的には設定はそのままで、場合によって「ブラシ輪郭のぼけ具合の設定」「ブラシ濃度」「混色」を変えたりします。

ブラシをこのように設定すると、筆圧を高くすればエッジのあるラインが描け、筆圧を低くすればぼけたラインを描くことができます。
また、筆圧を高くして描いたラインを筆圧を低くしてなぞると、ぼかすことができます。
筆圧の高低によるエッジやぼかし
この筆圧の高低によるラインのエッジやぼかしを利用して塗り進めていきます。

このブラシの表情はSAIならではですよね!
フォトショやペインターでも同じ表情は出せるのかもしれませんが、こんなに簡単にこの表情が出せるのはSAIだけではないかと思っています。

色塗りで使うツールは、ブラシツール、消しゴムツール、ぼかしツール、それに水彩筆の4つです。
SAIは本当に色塗りのみにしか使っていません;;
他の方のイラストを拝見すると、結構色んなことに使えるようなので理解を深めたいなとは思っているのですが…頑張りたいと思います^^;


2)肌の色塗り1・影1
塗りの作業に入りたいと思います。
私はいつも塗りたいと思った所から塗るようにしています。
今回はおっぱいとふとももが塗りたくて仕方がなかったので、肌から塗ることにしました。

下のレイヤーでクリッピング
まずは肌レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、「下のレイヤーでクリッピング」にチェックを入れます。
こうすることで、下のレイヤーの塗られている箇所と重なった部分のみ表示するすることができます。

どういうことかと言いますと…
クリッピングとは
ピンクで描かれたレイヤーの上に、青で描いたレイヤーを重ねます。
そして青のレイヤーを「下のレイヤーでクリッピング」すると、右図のようになるのです。
今回のように影付けの時など、様々な場面で活躍してくれる便利な機能です。
フォトショでは、「レイヤー」>「クリッピングマスクを作成」をすると同じことができます。

ではでは塗っていきますよー。
描画色に下地よりも濃い肌色を選び、クリッピングをしたレイヤーに先ほど設定した水彩筆で塗っていきます。
エッジを立てて
まずは筆圧を高くして、エッジを立てたいところを塗ります。
ぼかします
その後筆圧を低くして、ぼかしたいところを塗ります。
ぼかす時は、ブラシサイズを少し大きめにすると綺麗にぼけるような気がします。
エッジの部分ととぼかしの部分が交わる箇所も馴染ませます。
基本的にはこの繰り返しです。
顔はこんな感じ
顔が塗り終わりました。

塗る時は、光源を常に意識し(今回は画面左上にあると想定)、この顔の形・腕の形・足の形・…だったらどのように影ができるのかを考えています。
特に一段階目の影では、立体感を表現するように心掛けています。
ある程度塗り進めたら縮小表示をして全体を見渡し、今塗った箇所が全体から見ておかしくないかなど、全体のバランスや印象も見るようにしています。

おっぱいも塗ります。
エッジを立てて
エッジを立てたい箇所を塗って、
ぼかします
ぼかしたい箇所を塗ります。

水彩筆でぼかしきれない所は、ぼかしツールを使います。
また場所によっては、ぼかし箇所を塗った後にエッジ箇所を塗る場合もあります。
塗り過ぎてしまった所は、消しゴムで消してからもう一度塗ったりぼかしたりします。消しゴムは、「ブラシ輪郭のぼけ具合の設定」と「ブラシ濃度」を場所に応じて変えて使っています。

右足を先に塗ってしまったために、左足が塗り辛くなってしまいました。
塗りにくい所
筆を大きく動かすと、既に塗ってある右足をぼかしたくないのにぼかしてしまいそうです。
そういう場合は新たにレイヤーを作成してクリッピングし、左足を塗ります。
レイヤーを追加して塗ります
そして右足にはみ出た所を消しゴムツールで消してから、下のレイヤーと結合(SK:Ctrl+E)します。
はみ出た所を消して結合
これでOKです。
レイヤーは結合してしまえば良いのですから、困った時はどんどん追加します。

一段階目の影終了
そんな調子で塗り進め、一段階目の影が塗り終わりました。


3)肌の色塗り2・影2
続いて二段階目の影を塗ります。
先程塗った一段階目の影レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、同じように下のレイヤーでクリッピングします。

基本的に、影1色につきレイヤーは1枚です。
ですので最終的なレイヤー枚数は結構な数にります。
同じレイヤーに塗り重ねてしまっても良いのですが、私は一発で色が決められず、後から何度も何度も色調補正を行うので、全ての影がひとつのレイヤーにまとまっていては困るのです。
ただし、PCスペックが高くない場合はレイヤーが50枚ともなってくると大変でしょうから、1パーツ塗り終わるごとに色調補正をして統合してしまった方がいいかもしれません。
若しくは、肌や髪など重要なパーツは統合せずに、全体の印象にあまり影響を与えない細かいパーツを優先して統合するなど…
その辺りはPCスペックと相談してみて下さい。

一段階目の影よりも少し濃い色で塗っていきます。筆は変わらず水彩筆です。
エッジを立てて
先ほどと同様に、エッジを立てて
ぼかします
ぼかします。
顔はこんなかんじ
顔はこのようになりました。

二段階目の影は、一段階目の影を少し面積を小さくして塗るような感じです。
一段階目の影と同様、立体感を表現するよう心掛けています。
また、塗っている途中で色味がおかしいと感じたら、「フィルタ」>「色相・再度」(SK:Ctrl+U)もしくは「明るさ・コントラスト」で色味を調整します。
スクショ画像でもどんどん色味が変わっているところからわかるように、私は何度も何度も調整しています。

ふとももも
エッジを立てて
エッジを立てて、
ぼんやりと塗って
ぼかしたいところをぼんやりと塗って、
思いっきりぼかす
思いっきりぼかします。
タイツの食い込み
破れたタイツの食い込み部分にも細く影を入れます。

二段階目の影終了
二段階目の影が塗り終わりました。


4)肌の色塗り4・ハイライト
続いて肌のハイライトを塗ります。
一段階目の影レイヤーの下に新規レイヤーを作成し、クリッピングします。

ハイライトはわかりやすい色で
瞳が塗られてるけど気にしないー!
緑色でハイライトになる部分を塗ります。
いきなり白で塗ると下地の色と同化してしまって見づらいためです。
ハイライトはあまり多用せず、「ここはポイントにしたい!」といった所(おっぱいとか…ふとももとか)にぼかし気味に塗ります。

保護をして白で塗りつぶし
レイヤーの「不透明度保護」にチェックを入れ、白で塗り潰し(SK:Ctrl+F)て終了です。

また、パーツ分けの際に塗った肌の下地の色が白に近く、ハイライトが目立たなかったので、色調補正で下地の色を結構濃いめにしました。


5)肌の色塗り3・影3
続いて三段階目の影を塗ります。
二段階目の影レイヤーの上に新規レイヤーを作成してクリッピングします。

少し濃い色で
髪が肌に落ちる影を中心に
ちょっとエッジを立て気味に塗っていきます。

三段階目の影はこれまでと少し違って、色々な物が重なって特に暗くなるところ(首や脇、スカートの下など)や、髪や服が肌に落とす影を中心に塗っていきます。
ですので、ぼかしよりもエッジを活かした塗り方が多くなります(と言っても場所によりますが)
立体感よりも、画面の中にアクセントを作るような意識です。

おっぱいは立体感を大げさに出したかったので、三段階目の影も立体感の表現に使います。
ちょっと乗せて
少しだけ色を乗せて
思いっきりぼかす
思いっきりぼかします。
服が肌に落とす影はエッジを立てて塗ります。

スカートの下やぱんつのあたりは特に暗くなるので、三段階目の影を多用します。

ふとももも立体感を大げさに出したかったので
ちょっと乗せて
少し色を乗せて
思いっきりぼかす
思いっきりぼかします。

三段階目の影終了
三段階目の影が塗り終わりました。
肌の塗りの完成です!


途中で何度も色調補正を繰り返して、
下地→当初より濃い目に
ハイライト→真っ白
一段階目の影→下地よりほんの少し濃い目、黄色寄りの肌色
二段階目の影→一段階目の影より少し濃い目、ピンク寄りの肌色
三段階目の影→二段階目の影より結構濃い目、やや彩度を落とした赤寄りの肌色
となりました。
他のパーツを塗るたびに、また変更して行きましたが^^;
色って塗ってみないとわからなかったり、隣りに違う色が来たりするとまた違って見えたりするんですよね。


今回、肌に影3色ハイライト1色とかなり色を塗り重ねましたが、こんなに沢山塗り重ねるのは肌と髪くらいです。
今回は特に肌の表情が重要になるイラストだと感じたので、丁寧にやりました。
他のパーツでは影2色、多くて影3色または影2色ハイライト1色といった場合が多いです。
そのパーツの絵全体における重要度や、色味、光の当たり方や影のでき方などから判断して塗り重ね具合を決めています。


ではでは、今回はこれにて終了です。
次回は目と髪の塗りになりそう…かな?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。