So-net無料ブログ作成

メイキング5・目と髪の色塗り [メイキング]

メイキング第5回、今回は目と髪の色塗りです。

では続きからどうぞ~。
画像が多くて重いので、ご覧の際はご注意下さい。


えーと、その前に…
画像からもお分かり頂けますように、説明している順番と、実際に塗った順番がごちゃごちゃになっております。
このメイキング上では、説明のしやすさやまとまりのなどを優先して解説させて頂きます。
画像によっては「目を塗ってない筈なのに塗られている…」ということが多々ありますので、宜しくお願い致します^^;

実際は、肌→目→肌→黒タイツ→角→髪→服、という順番で塗りました。
私はいつも「塗りたいと思った所、気になる所」から塗るよう心掛けています。肌を一番最後に塗ることもあります。
集中力が続かない上に気が短いので^^;、塗りたい所を残したまま塗りたくない所を塗っていると、途中で投げ出してしまいそうになるので…;;
自分のテンションを維持するための心掛けです。


1)目の色塗り
肌などがある程度塗られてきた時に目が塗られていないと、絵全体を見渡してもなんだか締まりのない感じに見えてしまうので、私は割と始めの段階で目を塗ってしまいます。
黒目レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、クリッピングします。

グラデ1
下地より濃いめの色で、上下に大きなグラデーションをつくります。筆は変わらず水彩筆。

グラデ2
新規レイヤーを作成してクリッピングし、更に濃いめの色でグラデーションをつくります。
一段階目のグラデより面積を小さめに。
エッジを立てて描き込み
そのまま同じレイヤーに、エッジを立てて瞳孔の描き込みと縁を塗ります。

グラデ3・描き込み
更に新規レイヤーをクリッピングし、二段階目のグラデの上に更に濃い目のグラデーションをつくります。二段階目のグラデより面積を小さめに。
縁取りの部分も濃くします。
瞳孔の下部もアクセントをつけるように濃くします。

明るいところ
新規レイヤーをクリッピングし、明るめの青緑をぼかし気味に乗せて、レイヤーの合成モードを「加算」に変更します。ちょっとキラリとします。

虹彩っぽいもの
更に新規レイヤーをクリッピングし、先ほどよりももう少し明るい青緑で虹彩のようなものを描き、合成モードを「加算」に変更します。
これはエッジをはっきりとさせたかったので、水彩筆ではなくブラシツールで描きました。

光
主線レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、ハイライトを描きます。
ブラシツールで描いたあと、縁を若干水彩筆でぼかしました。
黒目はこれで完了です。

続いて白目レイヤーの上に新規レイヤーを作成、クリッピングします。
白目の影1
薄めのグレイで、白目の影を塗ります。

白目の影2
その上に新規レイヤーをクリッピング、二段階目の影を塗ります。
白目もこれで完了です。

黒でシメ
主線レイヤーの不透明度を下げているのは、主線の色が主張し過ぎてうるさく見えてしまうのを抑えるためです。
ですが今、目元がグレイでは可愛くなくて嫌なので、一時的に目元だけを黒くします。
主線レイヤーの真下に新規レイヤーを作成し、ブラシツールと水彩筆を使って黒で塗ります。
これで目の塗りの完了です。

最終的に主線レイヤーは不透明度100%表示にしてパーツに合わせて色を変えるので、その時にこのレイヤーは捨ててしまいます。
無駄な労力ではあるのですが、塗り途中とはいえ絵全体を見渡した時に目元に締まりがないのは嫌なのですよ…


2)髪の色塗り
髪の塗りも面倒だけれど重要なところですね!気を抜きたくても抜けないっていう。
今回は短めの髪なのでまだいいのですが、ミクを塗ってる時とかお前ちょっと坊主にして来いとか思いますね!

さて、髪レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、クリッピングします。

影1
肌の時と同じ、エッジを立てたい箇所を塗って→ぼかしたい箇所を塗る、という要領で一段階目の影を塗ります。
髪の束の立体感はあまり意識せず、頭全体の立体感と天使の輪へ向けてのグラデーションを意識しています。

二段階目の影を塗ります。新規レイヤーを作成してクリッピング。
エッジを立てて
まずはエッジを立ててラインを描きます。
消しゴムで形を整える
そして「ブラシ輪郭のぼけ具合の設定」を左から2番目、ブラシ濃度を80くらいに設定した消しゴムツールでラインの先端を消し、形を整えます。
ぼかし箇所を塗る
その後、ぼかしたい箇所を塗ります。

そんな調子で
エッジ箇所を描き→消しゴムで形を整え→ぼかし箇所を塗る、を繰り返して塗り進めて行きます。

消しゴムツールの設定は、場所に応じて少しずつ変えたりもします。
ぼかし箇所を塗った後に消しゴムで形を整えようとすると、折角塗ったぼかし箇所を消してしまう恐れがあるので、順番を工夫して作業するようにしています。
しかし「今消しゴム使いたいけど使ったら消えちゃう!」という状況は必ずありますので、その時は新規レイヤーを作成して描いた後にレイヤーを結合しています。

二段階目の影を入れる時は、髪の束感と頭全体の立体感と天使の輪へのグラデーションを1:1:1くらいの割合で意識しつつ塗るようにしています。
…要約すると、「なんかそれっぽくなればいい」という感じです…

髪の塗り方は人によって本当に差があると思いますので、好きな絵師さんの塗り方を真似てみたりするといいのではないかと思います。
私も好きな絵師さんのを真似ています。てゆうか他のパーツの塗りも全部見よう見まねです。私の塗りの90%はパクリでできています。

影2終了
二段階目の影が入ってこんな感じになりました。
影1塗り足し
そして二段階目の影が入ったところで一段階目の影の面積が小さいと感じたので、一段階目の影を塗り足しました。
ついでに色調補正もしました。

三段階目の影を入れていきます。新規レイヤークリッピング。
影3
三段階目の影は、髪が重なった所やアクセントを付けたい所を中心に塗っていきます。
エッジを立てたラインが中心で、ぼかした箇所はあまり作りません。

ハイライトを入れます。
一段階目の影レイヤーの下に新規レイヤーを作成し、クリッピングします。
ハイライト1
下地よりも少し明るい色で、天使の輪を意識しながらぼんやりと塗っていきます。
塗り終わった後、レイヤーの合成モードを「スクリーン」に変更し、不透明度を50%に下げました。

一段階目のハイライトの上に新規レイヤーを作成し、二段階目のハイライトを塗ります。
ハイライト2
明るめの色を選び、細めのブラシでエッジを立てて塗っていきます。
塗り終わった後、レイヤーの合成モードを「スクリーン」に変更し、不透明度を60%に下げました。

色調補正をしてこんな感じ
色調補正で色味を調節し、髪の塗りの完了です。
タイツと角がもう塗られていますね、すみません^^;


今回はここまでです。
次回は他のパーツの塗りを紹介します。次で色塗り終わらせたいな…!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。